青空の下で

ポメラニアンの菜々&愛が季節のお便りをお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふるさと祭り東京2012

こんにちわん、ポメラニアンの愛で~す。pomebotan1.gif

1月9日(月・祝)、三連休の最終日、
さてさて、どこにお出掛けするのかなぁ~と期待していたら、
愛は、お留守番だって~。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

今年も誰かさん、WINちゃんママさんと東京ドームで開催の
『ふるさと祭り東京2012』に行って来たみたいなの。

お祭り好き、物産展好きの誰かさんには、たまらないイベント。
今年は、1月7日(土)~15日(日)まで開催しているんだって。

240110-1.jpg



開場前から、東京ドームの外は、長蛇の行列!
今年で3年目となる『ふるさと祭り東京2012』だけど、
いやいや、毎年、凄いでちゅね~。

240110-2.jpg



会場は、こんな感じだって。

北海道から沖縄まで、ご当地の逸品や話題のB級グルメ、魅惑のスイーツ、
地ビールなど、郷土ならではの日本の“うまいもん”大響宴!

一度は間近で見たい人気の「祭り」が、東京ドームに大集結して、
1日で、日本全国を旅した気分が味わえちゃうとか。

240110-3.jpg



『ふるさと祭り東京』の目玉の1つが、「全国ご当地どんぶり選手権」。

B級グルメが流行っているけど、こちらは、A級、いえいえ、
超特級のご当地どんぶりが大集結しちゃう企画。

来場者の投票でグランプリが決まり、グランプリは、金のどんぶり、
準グランプリは、銀のどんぶり、3位は、銅のどんぶりが副賞。

240110-4.jpg



今回は、本戦への出場権をかけて初の予選会を実施したんだって。

既にシード権を獲得済みの前回優勝「うにめし丼」を含む
上位5どんぶりに加え、予選会を勝ち抜いたどんぶりが東京ドームに集結。

主催者推薦として、東北地方からも
青森の「八戸ばくだん」、宮城の「油麩丼」も参戦しての戦い!

開場と同時に、誰かさん、絶品どんぶりを求め、スタコラと
チケット売り場へ直行したんだけど、既に、この長蛇の列・・・・・。
皆さんのお目当ても、絶品どんぶりだったようだねぇ~。

240110-5.jpg



さて、チケットを手にした誰かさんが選んだどんぶりが、こちら。

北海道の「しべつ鮭三代漬け丼」。

標津の鮭の身とイクラ、特産品の鮭節と“三代”使用した、
鮭の魅力を詰め込んだ丼。
鰹節は、お馴染みだけど、鮭節とは、珍しいじゃない。
これは、食べるっきゃないでしょう。

240110-6.jpg



ハーフサイズのどんぶりだからって、誰かさん、2杯目だって~。

神奈川県の「やまゆり牛ステーキ丼」。

神奈川県の豊かな環境で育った「やまゆり牛」を
特製のタレで味付けしたステーキ丼は、ガーリック風味がたまらんって。

240110-7.jpg



たんまりと、どんぶりに舌鼓した後は、会場内をくまなく物色。
アツアツグルメから、うまあまなスイーツまで、どれも美味しそうな物ばかり。

240110-8.jpg



ウマウマだけでなくて、特産品もたくさんで、ドーム内を一周するだけで、
4~5時間は、かるく掛かるくらいなんだって。

240110-9.jpg



『ふるさと祭り東京2012』の更なる目玉、ご当地に伝わる伝統の「祭り」。

お祭りひろばでは、活気に満ちたお祭りが大迫力で味わえちゃうんだって。
日によって、演目が変わるので、何度も足を運んでも楽しめちゃうんだとか。

この日は、ふるさとステージに、宮城県出身のサンドウィッチマンが来て
開場を盛り上げていたようだよ、って写真は、ないけどね~。

240110-10.jpg



こちらは、青森県の「八戸三社大祭」の実物の1/5縮尺のミニ山車。
およそ290年の歴史と伝統を誇る八戸地方最大のお祭りで、
国の重要無形民俗文化財に指定されているとか。

おがみ神社・新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と、
神話・伝説・歌舞伎等を題材に、各山車組が制作した27台もの山車運行。
豪華絢爛で、大きな山車が沿道を通る度に、沿道は歓声に包まれるそう。

240110-11.jpg



この大きな山車は、東北三大祭りの一つ青森の「ねぶた祭り」。
「ラッセラー」の掛け声とともに「飛びはねる」人々が浮かんじゃうワン。

240110-12.jpg



青森県のお祭りは、まだまだありまちゅよ。

津軽の夏を彩る「弘前ねぷたまつり」。
三国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の
勇壮華麗なねぷたが、城下町弘前を練り歩く夏まつり。

忙しい夏の農作業の妨げとなる眠気や怠け心などを流す、
「眠り流し」という農民行事から生まれ、ねぷたの語源も、
「眠り流し」から「ねむたながし」「ねむた」「ねぷた」と
転訛したのではないかと言われているそうでちゅ。

この「弘前ねぷた」も、国の重要無形民俗文化財に指定。

240110-13.jpg



東北は八戸のブースでは、「八戸三社大祭」のミニチュアの山車が
展示されてまちた。
八戸って言ったら、「八戸せんべい汁」が有名だよね~。

240110-14.jpg



今年編さん1300年を迎える古事記神話の舞台「しまね」から、
数々の縁結び&パワースポットを紹介するブースが。

240110-15.jpg



「出雲大社」の高層神殿模型も登場!

240110-16.jpg



ゆるキャラの「しまねっこ」も、応援に来ていたね~。

240110-17.jpg



さてさて、会場は、と言うと・・・、
うぎょ~~~、なんでちゅか、この混み込みは~。 (◎ー◎;)ビックリ

240110-18.jpg



誰かさん、やっと、お家に帰って来たよ。

ちなみにね、「ふるさと祭り東京2012」の滞在時間、6時間なり。
まだまだ、お祭り気分を味わいたかったみたいだけど、
お買い物しすぎて、これ以上、持ち切れないからだって。

あっれ~、毎年、同じこと言ってるような~。 ヾ(@^▽^@)ノわはは

明日は、お土産編を紹介しま~ちゅ。
 
240110-19.jpg


aicon20party4.gif 正月太りなのに またまた買い込んで 知らないよぉ~ 


nenene.gif ランキングに参加してます。こちらをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村


関連記事

| イ ベ ン ト | 23:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。