FC2ブログ

青空の下で

ポメラニアンの菜々&愛が季節のお便りをお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は、あれから1年半・・・・・

こんにちわん、ポメラニアンの愛で~す。pomebotan1.gif

皆さん、今日は、どんな日か分かりまちゅか?

2011年3月11日の東日本大震災から、1年半が経ちまちた。
1年半経った現在、テレビでは、被災地の状況を伝える特番なども減ってしまいましたね。

でも、現在も何十万もの方達が、仮設住宅で暮らしていること、
住み慣れた土地を離れ暮らしている方達が、たっくさんいることを忘れてはいけませんよね。

そして、今現在、復興の為に働く方達がたくさんいること、
過酷な状況下の中、福島第一原発で働く方達がいることを胸にしっかりと・・・・・。

1年半という月日で、復興の方は、どれだけ進んだかと言うと、
まだまだ、瓦礫の山が高く、高く・・・・・、1年半経っても、こんなにもって状況です。
地元の方達、ボランティアさんが頑張っているのに、なかなか、兆しが見えない状況ですよね。

240911-1a.jpg




復興の為に、何かをお手伝いをしたいと思っても、愛は、何も出来まちぇん。
でも、思いを発信することは出来るかなぁ~。

先日、NHKの特番で、被害の大きかった岩手・宮城・福島の東北3県から
中継を交えた特番が組まれてました。
被災地の方達の現在を伝える一方、震災直後、復興ボランティアに参加された方の
現在の、へぇ~って、愛が感心した取り組みがありましたので紹介しますね。

それは、『復興市場』です。

震災後の現地では、必要な物が足りていなくて、逆に、余ってしまっている物も。
「必要な物を必要としている方に支援できないか」、そんな思いから、
復興ボランティアとして参加された方が立ち上げたサイトが『復興市場』です。

実際に必要としている物を被災者の方から聞いて、各地の支援者の援助により、
物資を購入して、必要としている方の所に届ける。
支援物資は、被災地の商店から購入、直接被災者の元へお届けするシステム。

『復興市場』のサイト内では、「支援が必要とされている物資」に対して、
「1口・1,000円」などと表示されており、自分が支援したいなって思ったら、
通常のショッピングサイトと同じように、物資をカートに入れていき購入。
口数まで支援者を募るというシステムだそうです。

支援物資が被災者に届くだけでなく、購入された商店を通して被災地の経済を潤します。
各地からの支援が、被災地の「人々の暮らしの再建」と「町の復興」、
その両方へ同時に活かされるしくみだそうです。

何かのお役に立てたらなぁ~と思っても、それぞれの状況下の中、
ボランティアに参加できなかったり、募金をしても、実際にどのように生かされているのか、
不透明な状況・・・・・。

『復興市場』では、支援物資が必要としている方に届いた様子が写真付きで紹介されています。
陰ながら援助して下さった各地の支援者の方達も、状況が見えて、ホッコリじゃないかなぁ~。

全ての物を津波で流され、新たに立ち上がろうと思っても、今まで、あたり前にあった物がなく、
購入しようにも資金も足りず~。
こんなシステムの『復興市場』なら、愛も、参加してお役に立てるかなぁ~。

他にも、下記のサイトも紹介されてましたので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

  『助けあいジャパン
  『東日本大震災支援全国ネットワーク

愛は、役立たずですが、只々、祈っています。
被災者の方達の「笑顔の花が たくさん 咲きますように!」

240911-2a.jpg

1年前のお盆に福島県警より、原発避難している愛の親戚に連絡がありました。
3月11日以来行方不明だった親戚のお兄ちゃんのバイクが、某海岸で見付かりましたと。
真夏の炎天下の中、防護服を着ての限られた時間の中で、一生懸命に捜索に
あたって下さったことでしょう。

まだ遺体が見つからない方が、たくさんいるんですよね。
たくさんの尊い命のご冥福をお祈り致します。


aicon20party4.gif あの日を忘れず 自分なりに協力できることをお手伝いしたいワン 


nenene.gif ランキングに参加してます。こちらをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ


関連記事

| 日   記 | 17:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT