青空の下で

ポメラニアンの菜々&愛が季節のお便りをお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レーシック + 老眼治療

< レーシックカメラ >   ~ ご興味のある方の参考マデに ~

10月11日(木)に、「レーシック + 角膜強化法」の手術をした誰かさん、
10月19日(金)に、術後1週間検診に行ってきまちた。
診察は、視力検査とドクターによる診察になります。
待ち時間も含め、30分くらいでしたか・・・・・。

ちなみに、視力の方は、
  右眼 0.05 → 1.0
  左眼 0.07 → 1.5

経過の方は順調で、1日5回程度点眼していた目薬3種類は、
ドライアイ予防の目薬の他は、無くなったら終了してよいとのこと。
ドライアイ予防の目薬は、1日5回程度続けますが、こちらは、無くなったら、
別の種類の目薬をするよう処方されました。

ドクターのお話の中で、術後1ヶ月は、視力の変動がある為、疲れ目には注意と。
パソコン作業は、15分おきに遠くを見たり、瞼を閉じて休憩するよう言われました。

レーシックを受けて、視力が良くなっても、視力が良い方が疲れ目などによって近視になったり、
老眼になったりするのと同様、視力は変化するそうです。

誰かさんも、レーシックをした友人達から、レーシックしても、年齢と共に老眼になると聞いていて、
手術後、何年かして老眼になりメガネをするなら、レーシックしなくてもって考えたり・・・。
でも、友人達は、老眼になるまでの間でも、メガネ&コンタクトなしの生活は快適だよぉ~って。

誰かさんは、レーシックの無料説明会なるものに予約して参加したんだけど、
その時に、病院のHPで、「レーシックカメラ」と言う、
「レーシック + 老眼治療」の両方を賄える手術の説明会もあるってことを知ったみたい。

友人達が、レーシックした時は、「レーシックカメラ」は、あったのかな?
きっと、友人達も老眼になってなかったから、話題には、ならなかったのかなぁ~。

そして、「レーシックカメラ」には、「レーシック後カメラ」と言う手術もあるって???
う~ん、後が付くのと、付かないのと、どう違うのかってですよね。

「レーシックカメラ」は、「レーシック + 老眼治療」の2つを1日に手術すること。
「レーシック後カメラ」は、「レーシック」の手術を受けた方が、老眼になった時に、
行う手術といった感じですかね。

誰かさんは、「レーシックカメラ」は、老眼の始まった方の手術と思っていたんだけど、
無料説明会の後、希望者は、レーシックを出来るかどうかの簡易検査を受けることもでき、
誰かさんも受けたんだけど、ドクター検査の時に、「レーシックカメラ」は、
老眼になっていなくても、そろそろ老眼が気になる方も、事前に受けることができるって
教えてもらったみたい。

誰かさんは、最初、老眼になることを考え「レーシックカメラ」の手術を考えたようなんだけど
術前検診の相談で「レーシックカメラ」は、「レーシック」と「老眼治療」の手術の両方をするので、
術後経過の観点から、「カメラ」の方は、老眼になったから考えても良いのではと。

ちなみに、お値段的には、「レーシックカメラ」と「レーシック後カメラ」とでは、
「レーシックカメラ」の方が、お安いですけど・・・・・。

あっ、無料説明会で拘束じゃなかった、掛かる時間は、
説明会1時間 + 簡易検査1時間半でした。

結局、誰かさんは、今後、「レーシック後カメラ」で老眼治療することも考え、
「レーシック + 角膜強化法」で、次回の手術にも耐えられるよう、
角膜強化の手術も同時にすることにしておきました。


さて~、「カメラ」と言う老眼治療、気になりますよね。

手術的には、「カラーインレー」と言う、直径3.8ミリの
黒いカラーコンタクトのようなもの、効き目とは反対の角膜内に挿入し、
ピンホールの効果で視野を狭め、視力改善をするという手術だそうです。
こちらは、片目の手術のみで、時間的には、数分だそうです。

術後は、「カラーインレー」を挿入した眼と、手術していない効き目との
焦点を合わせるためのトレーニングが必要となるそうですよ。

トレーニングは、近くのものを5分読んで、1~2分遠くを見るを繰り返す。
こうすることで、「カラーインレー」を挿入した眼で近くのものを読んだり、
見たりすることを、脳に学ばせるそうです。



さて、日にちが、飛んで~、
11月12日(月)、術後1ヶ月検診に行って来ました。

コンタクトレンズを作る時みたいな、眼圧検査など、3種類の機械による眼科測定、
視力測定、暗室で角膜から眼の中央にある水晶体の撮影、
その後、ドクターの診察があり、待ち時間を含め30分程度。

経過は、良好でした。

視力の方は、
  右眼 0.05 → 1.5
  左眼 0.07 → 1.5 でした。


関連記事

| 日   記 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。